暇をつぶせる映画 サスペンス 洋画

ピエロがお前を嘲笑う(2014年公開)

10秒で分かった気になる
あらすじ

  1. 主人公はチビのハッカーで、リアルではピザボーイ

  2. ダークネットのヒーロー的存在である「MRX」に憧れている

  3. ある日、マックスという奔放で自由な男と出会う

  4. 彼も「MRX」のファンだった

  5. 主人公はマックスのイタズラ活動に参加

  6. 自身の能力を存分に発揮して世間を騒がせる

  7. 主人公もマックスも、「MRX」に認められたい一心だった

  8. しかし、そんな彼らを「MRX」はコケにし、笑い物にする

  9. ムキになった主人公たちはFBIに潜入

  10. しかし、これにより主人公たちは泥沼に足を突っ込むことになる

安全なシステムはない。

MRX

みどころ! 

  • 二段階オチ

  • 仮想空間の演出

こんな人におすすめ!

  • ファイトクラブを観たことがある人
  • 普段あまりサスペンスを観ない人

個人的な感想

なんとなく「これファイトクラブオチじゃねえ?」と思いながら観ていると、途中でファイトクラブのポスターが出てきて「流石に、これでファイトクラブオチはないか…」と思ったのも束の間、「えっ、マジでファイトクラブオチなの?」という展開になり、最終的にファイトクラブオチじゃなかったことが判明します。
個人的に最後のオチについては、捜査官の能力や人間性という不確実な要素に頼り過ぎていて、イマイチ騙された感はありませんでした。ただ全体的に展開もスピーディーで分かりやすく、ほとんど退屈しませんでした。映像もスタイリッシュでカッコ良かったです。追い詰められた主人公が部屋に戻ったとき、死体があちこちに転がっているシーンなんかは、ヤクザ映画っぽい緊張感があってドキドキしました。広告を鵜呑みにして過度な期待を抱くことさえなければ、それなりに楽しめると思います。

 

-暇をつぶせる映画, サスペンス, 洋画
-,

© 2020 暇なら映画でも観ませんかぁ?