暇をつぶせないかもしれない映画 洋画

シンクロナイズドモンスター(2016年公開)

10秒で分かった気になる
あらすじ

  1. 無職でアルコール依存症のハサウェイ

  2. 恋人に愛想を尽かされて地元に戻る

  3. 地元でバーを経営している男友達と再会

  4. 男友達は下心からハサウェイを従業員として雇う

  5. そんなとき韓国ソウルに巨大怪獣が出現

  6. 怪獣は、ときどき現れては意味不明な行動を繰り返す

  7. ふたりは偶然から、この怪獣の操作方法を知る

  8. その力に、ハサウェイは怖気づく

  9. 一方の男友達は、これを憂さ晴らしに利用

  10. 挙句、ソウル市民を人質に取ってハサウェイを自分の女にしようとする

やっと俺にも主役が回ってきたんだ!

オスカー

みどころ! 

  • パシフィックリム

こんな人におすすめ!

  • ゴジラを勝手に使われても怒らない人
  • 「日本も韓国も大して変わらん」と暗に言われて怒らない人
  • ツッコミどころが死ぬほどあっても怒らない人

個人的な感想

お馴染みジャパニーズスタイルのくそダサ・ポスターと邦題から、怪獣ものかしら?と思って視聴をはじめたのですが、まったく見当違いでした。日本の職人たちは、いつも本当に良い仕事をします。
コメディ的な楽しい要素は無きに等しく、怪獣もロボットも、思ってるほどには出てきません。日常に鬱屈を抱えているアル中の男が、同じくアル中の女の尻を追いかけてストーカーになり、なんやかんやとサスペンスな展開に発展していくというストーリーです。子供みたいな男女が、砂場で殴り合いの喧嘩をし、それによって無関係な人たちが大迷惑を被るという図が、いろいろと意味深ではありました。
言わずもがなB級映画ですから、ツッコミどころ満載な点はご愛敬、あちこちで酷評されているほどにヒドい映画だとは思いませんでしたが、他にも楽しい映画が世の中にはたくさんある中で、あえてこれを他の人に勧めなくてはいけない理由については、最後まで思い浮かびませんでした。B級らしく振り切ったシーンの一つでもあれば、また違ったのでしょうけれど。
怪獣映画が観たいのであれば『ゴジラ』を、ロボが見たければ『パシフィック・リム』を、アン・ハサウェイが見たければ『プラダを着た悪魔』を観ましょう。

 

-暇をつぶせないかもしれない映画, 洋画
-,

© 2020 暇なら映画でも観ませんかぁ?