邦画 時代劇 ロマンス

隠し剣 鬼の爪(2004年公開)

10秒で分かった気になる
あらすじ

①主人公は東北の下級武士で、『鬼の爪』という秘伝を修めている

②数年前までお手伝いさんとして雇っていた女性が、ひどい扱いを受けているらしい

③激怒した主人公は、世間体も気にせず彼女を連れ出し、自宅で療養させる

④愛人を囲ってらぁと、下世話な世間の目は冷ややか

⑤このままでは皆が不幸になると気づいた主人公は、泣く泣く彼女を実家へ帰す

⑥そんな時、かつて道場でしのぎを削りあったライバルが豚箱から脱獄

⑦こいつとの関係性を疑われた主人公は討手に選ばれる

⑧辛勝するも、どうやらライバルの妻が上司に騙された挙句に後を追ったらしい

⑨都合よく使われた主人公はブチギレて秘伝を解放する

⑩ほとほとサムライが嫌になった主人公は旅立つが、その前に大切な人を迎えに行く

「それは、旦那はんのご命令でがんすか?」

きえ

みどころ! 

・耳に残る庄内弁
・身分違いの恋
・隠し剣「鬼の爪」

こんな人におすすめ!

・日本らしい恋愛映画が観たい人
・必殺仕事人が好きな人
・ゲスな奴が死ぬのが好きな人
・方言女子が好きな人

個人的な感想

たそがれ清兵衛」に続く、藤沢周平×山田洋次の第二弾です。身勝手な欲望によって翻弄される、末端の人たちの悲哀が丁寧に描かれています。派手な殺陣シーンこそありませんが、藤沢周平の秘剣が2つ登場するので見応えがあります。
剣術の達人としての佇まいがある永瀬正敏や、緒形拳の憎たらしいほどの悪辣ぶりなど、俳優陣がことごとハマっておりました。特に、松たか子が可愛かったです。視聴するまでは松たか子という女優に対して、何ら特別な感情を抱いておりませんでしたが、作中の控えめな笑顔と見事な方言女子ぶりに、終始こころがときめいておりました。
爽やかな余韻の残るラストですので、繰り返し何度も観られる作品だと思います。

 

-邦画, 時代劇, ロマンス
-, , , , ,

© 2020 暇なら映画でも観ませんか?