暇をつぶせないかもしれない映画 洋画

マッド・ダディ(2017年公開)

10秒で分かった気になる
あらすじ

  1. 日常に不満を募らせる大人たち

  2. 夕暮れ時に異変

  3. 血走った目をした親たちが学校に大挙

  4. 親たちは自身の子供を返せと教員に迫る

  5. そして自身の子供を見つけるや否や殺しにかかる

  6. 殺すのは自身の子供だけ

  7. 他の子供に対してはいつも通りで、普通に挨拶もする

  8. ニコラス・ケイジも例にもれず自宅で子供に襲いかかる

  9. 子供、追い詰められて大ピンチ

  10. そこに、まさかの助っ人が参戦する

俺はブレントだったし、君はケンダルだった。
今じゃ、ただのパパとママだ。

ブレント・ライアン

みどころ! 

  • セクキャバドリフト
  • クソみたいな邦題とポスター
  • おもしろい設定 

こんな人におすすめ!

  • Mナイトシャマランの映画が我慢できる人
  • ニコラス刑事の出演作に大して期待していない人

個人的な感想

どこのレビューサイトも見ても厳しい意見ばかりの作品ですが、お恥ずかしい話、そこそこ楽しめてしまいました。殺人の衝動に駆られておかしくなるのは自分の子供に対してだけであり、それ以外には、ほぼ無害というのが斬新でした。子供たちのピンチに、まさかの助っ人が参戦してきて、思わず「おっ!」となる展開もあります。もう少し脚本を煮詰めるなり、お金をかけるなりすれば、けっこう化けたんじゃないでしょうか。ただ残念ながら脚本は煮詰まっていませんし、金もかかってません。最後まで頑張ってみたところで、視聴者が報われることもありません。それでも貴方が、これを観なくちゃいけないような、切羽詰まった状態に置かれているのであれば、せめて大塚明夫の吹き替え版を観ましょう。

 

-暇をつぶせないかもしれない映画, 洋画
-, , ,

© 2020 暇なら映画でも観ませんかぁ?